ソブリンの格付けは? グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

S&Pソブリン格付けって何だ?

S&Pソブリン格付け』の『ソブリン格付け』とは、国の総合的な債務の履行能力を示す発行体格付けで、『自国通貨建て格付け』と『外貨建て格付け』があり、それに『長期格付け』と『短期格付け』が各々に付されています。

S&Pソブリン格付け』の『S&P』とは、アメリカ合衆国に本社を置く投資情報会社Standard & Poor'sの略称で、企業の信用力を調査研究して信用格付けを行う機関として知られています。

なお、現在日本に付与されている格付けで、最近よくマスコミなどで取り上げられるS&P(スタンダード&プアーズ)のソブリン格付けは、自国通貨建て、もしくは外貨建ての長期ソブリン格付けのことです。

自国通貨建てのソブリン格付けとは、その国の通貨建ての債務の履行能力がその国にあるかどうかに関するS&Pのソブリン格付けに対する見解です。

また、外貨建てのソブリン格付けとは、その国の通貨以外の通貨建ての債務の履行能力がその国にあるかどうかに関するS&Pのソブリン格付けに対する見解です。

長期格付けは、中・長期的な見通しに対する見解で、最高が「AAA」、最低が「D」または「SD」です。「AA」から「CCC」までの格付けには、プラス記号またはマイナス記号を付加することがあり、これは同じカテゴリーの中での相対的な強弱を表わします。

短期格付けは、該当する市場で短期債務の、期日に発行する可能性を評価したもので、多くの金融市場で、コマーシャル・ペーパー(CP)など、満期が1年以内の証券が短期格付けの対象となり、最高が「A−1」で、最低が「D」です。
「A−1」にはプラス記号を付加することがあり、そのカテゴリーの中で最も信用度が高いことを表わします。

そして、予想外の状況になった場合に対応するために、長期格付けの「アウトルック」(信用度がどちらの方向に向かう可能性があるかに対する見解)の表示や「クレジット・ウォッチ」(格付けの再検討が必要な出来事が発生した場合の追加情報)への掲載をしています。

長期ソブリン格付けについて

米国の大手格付け機関スタンダード&プアーズ(S&P)は、日本の長期ソブリン格付けと長期優先債券格付けを「AA-」から「AA」に引き上げました。

S&Pによると、日本の長期ソブリン格付けは、財政再建、金融政策の正常化、構造改革の進展に基づいています。短期格付けは「A-1+」に据え置かれました。

S&Pによると、政府の着実な財政再建への取り組みを受け、日本の財政赤字の対国内総生産(GDP)比は2002年度末の8.2%から2007年度(2008年3月期)末には5.0%に低下するとみられています。一般政府のプライマリー・バランス(基礎的財政収支)の赤字額の対GDP比は、2003年度末の4.2%から2007年度末には0.2%に改善するとみられています。

また、S&Pは、中国の長期ソブリン格付けを、国家開発銀行と中国進出口(輸出入)銀行の長期信用格付けを「A−」から「A」に引き上げました。

中国の長期ソブリン格付けが修正された理由としては、中国が将来の財政負担を軽減するために、銀行システムの強化に努めてきたこと、中国の経済改革が未曾有の経済成長をもたらしたことなどが挙げられるようです。

この上方修正により、日本、中国、共に、長期ソブリン格付けに対するアウトルックは安定的と評価されています。

ソブリン格付けについて

ソブリン格付けとは、国の総合的な債務の履行能力を示す発行体格付けで、『自国通貨建て格付け』と『外貨建て格付け』があり、それに『長期格付け』と『短期格付け』が各々に付されています。

なお、現在日本に付与されているソブリン格付けで、最近よくマスコミなどで取り上げられるスタンダード&プアーズ(S&P)の格付けは、自国通貨建て、もしくは外貨建ての長期ソブリン格付けのことです。

自国通貨建てのソブリン格付けとは、その国の通貨建ての債務の履行能力がその国にあるかどうかに関するS&Pの見解です。

また、外貨建てのソブリン格付けとは、その国の通貨以外の通貨建ての債務の履行能力がその国にあるかどうかに関するS&Pの見解です。

政府には課税権限、自国通貨の発行権限があるため、外貨建て債務より自国通貨建て債務の返済能力の方が高くなります。そのため、格付決定において自国通貨建てと外貨建てとの区別をすることは大変重要です。

長期格付けは、中・長期的な見通しに対する見解で、最高が「AAA」、最低が「D」または「SD」です。「AA」から「CCC」までの格付けには、プラス記号またはマイナス記号を付加することがあり、これは同じカテゴリーの中での相対的な強弱を表わします。

短期格付けは、該当する市場で短期債務の、期日に発行する可能性を評価したもので、多くの金融市場で、コマーシャル・ペーパー(CP)など、満期が1年以内の証券が短期格付けの対象となり、最高が「A−1」で、最低が「D」です。
「A−1」にはプラス記号を付加することがあり、そのカテゴリーの中で、最も信用度が高いことを表わします。

そして、当初の予想とは異なる展開になった場合や、予想していた状況から大きく逸脱するような事態が生じたりした場合に対応するために、長期格付けの「アウトルック」(信用度がどちらの方向に向かう可能性があるかに対する見解)の表示や「クレジット・ウォッチ」(格付けの再検討が必要な出来事が発生した場合の追加情報)への掲載をしています。

長期ソブリン格付けとは?

米国の大手格付け機関スタンダード&プアーズ(S&P)は、日本の長期ソブリン格付けと長期優先債券格付けを「AA-」から「AA」に引き上げました。

S&Pによると、日本の長期ソブリン格付けは、財政再建、金融政策の正常化、構造改革の進展に基づいています。短期格付けは「A-1+」に据え置かれました。

S&Pによると、政府の着実な財政再建への取り組みを受け、日本の財政赤字の対国内総生産(GDP)比は2002年度末の8.2%から2007年度(2008年3月期)末には5.0%に低下するとみられています。一般政府のプライマリー・バランス(基礎的財政収支)の赤字額の対GDP比は、2003年度末の4.2%から2007年度末には0.2%に改善するとみられています。

また、S&Pは、中国の長期ソブリン格付けを、国家開発銀行と中国進出口(輸出入)銀行の長期信用格付けを「A-」から「A」に引き上げました。

中国の長期ソブリン格付けが修正された理由としては、中国が将来の財政負担を軽減するために、銀行システムの強化に努めてきたこと、中国の経済改革が未曾有の経済成長をもたらしたことなどが挙げられるようです。

この上方修正により、日本、中国、共に、長期ソブリン格付けに対する見通しは安定的と評価されたということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。