グローバルソブリンの投資信託 グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

グローバル・ソブリン毎月分配型とは?

グローバル・ソブリン毎月分配型』とは、『グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』のことで、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン毎月分配型は、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン毎月分配型は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン毎月分配型は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン毎月分配型は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

国際Gソブリンをみてみよう

国際Gソブリンは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン』と言い、ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資してリスク分散をし、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指す追加型株式投資信託です。

国際Gソブリンは毎月17日に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。そして「分配金受取コース」の場合の国際Gソブリンの収益分配金は、税金を差引いた後、原則として決算日から起算して5営業日目から支払われ、「再投資コース」の場合はそのまま投資に回されます。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社から運用に係る助言および情報提供を受け、運用を行う国際Gソブリンの信託期限は無期限です。

シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスである『シティグループ世界国債インデックス』(昭和59年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したもの) をベンチマークとして国際Gソブリンは運用を行います。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンとは?

投資信託グローバル・ソブリン・オープンとは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』というバランス型の追加型株式投資信託です。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンは、国際投信投資顧問株式会社により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

投資信託グローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

国際投信グローバル・ソブリンとは?

国際投信グローバル・ソブリン』とは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン・オープン』と言い、バランス型の追加型株式投資信託 です。

国際投信グローバル・ソブリンは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

国際投信グローバル・ソブリンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

国際投信グローバル・ソブリンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

国際投信グローバル・ソブリンは、国際投信投資顧問株式会社により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

国際投信グローバル・ソブリンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

JPMグローバル・ソブリンについて

JPMグローバル・ソブリンとは、正確には『JPM新興国ソブリン オープン』と言い、マザーファンドを通じて、主として新興国の政府または政府機関の発行する債券に投資するバランス型の追加型株式投資信託で、発行、運用は、J.P.モルガン・フレミング・アセット・マネジメント・ジャパンです。

JPMグローバル・ソブリンは、マザーファンドの純資産総額の20%を上限に、政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券に投資を行います。

JPMグローバル・ソブリンのマザーファンドの投資対象は、主に米ドル建ての債券としますが、マザーファンドの純資産総額の25%を上限に米ドル以外の通貨建ての債券に投資します。

JPMグローバル・ソブリンのマザーファンドは、新興国の発行体の信用リスクを反映する仕組債に投資する場合がありますが、その場合、当該債券は政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券とみなします。

JPMグローバル・ソブリンは、毎月17日に決算を行い、収入の分配を行い、原則として為替ヘッジは行いませんが、経済事情や投資環境等の急変などが起きた場合、委託会社の判断により為替ヘッジを行うことがあります。
その場合、委託会社のオペレーティング・リスク管理部が日々ヘッジ状況をモニターします。

一般的に、新興国の債券は、先進国の債券と比較して、相対的に利回りが高くなる傾向がありますが、デフォルト(債務不履行)となるリスクも相対的に高いでしょう。

JPMIM社は、安定的な超過収益を確保するために、適切なリスク管理を行います。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型を知ろう

グローバル・ソブリン・オープン毎月』は、『グローバル ソブリン オープン毎月決算型』のことで、バランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、国際投信投資顧問株式会社 により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

グローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

JPM新興国ソブリン・オープンって何?

JPM新興国ソブリン・オープンとは、マザーファンドを通じて、主として新興国の政府または政府機関の発行する債券に投資するバランス型の追加型株式投資信託で、発行、運用はJ.P.モルガン・フレミング・アセット・マネジメント・ジャパンです。

JPM新興国ソブリン・オープンは、マザーファンドの純資産総額の20%を上限に、政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券に投資を行います。

JPM新興国ソブリン・オープンのマザーファンドの投資対象は、主に米ドル建ての債券としますが、マザーファンドの純資産総額の25%を上限に米ドル以外の通貨建ての債券に投資します。

JPM新興国ソブリン・オープンのマザーファンドは、新興国の発行体の信用リスクを反映する仕組債に投資する場合がありますが、その場合、当該債券は政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券とみなします。

JPM新興国ソブリン・オープンは、毎月17日に決算を行い、収入の分配を行い、原則として為替ヘッジは行いませんが、経済事情や投資環境等の急変などが起きた場合、委託会社の判断により為替ヘッジを行うことがあります。
その場合、委託会社のオペレーティング・リスク管理部が日々ヘッジ状況をモニターします。

一般的に、新興国の債券は、先進国の債券と比較して、相対的に利回りが高くなる傾向がありますが、デフォルト(債務不履行)となるリスクも相対的に高いでしょう。

JPMIM社は、安定的な超過収益を確保するために、適切なリスク管理を行います。

ユーロランド・ソブリン・インカムって何?

ユーロランド・ソブリン・インカムは、EMU加盟国及び参加見込国のソブリン債(A格以上)を主要投資対象とする、分配金複利けいぞく投資可な追加型株式投資信託で、安定的なインカム収入の確保とともに信託財産の成長を目指します。

ユーロランド・ソブリン・インカムは、債券・為替のコントロールにより円ベースのリターンを追求します。

ユーロランド・ソブリン・インカムは、株式に関した運用制限は、転換のみ30%以下、同一株式5%以下となっており、外貨建資産に関しては制限はありません。その他のものに関しては、同一転換(新株予約権付)社債5%以下となっています。

ユーロランド・ソブリン・インカムの決算日は、1月、3月、5月、7月、9月、11月の各10日の年6回で、価格決定は、翌営業日となり、利子・配当収入と売買益から基準価額水準、市況動向等を勘案して収益分配方針に基づいて分配し、その分配金については、分配金複利継続が投資可能です。

ユーロランド・ソブリン・インカムの買付手数料は、2.10パーセント〜1.05%(税込)です。

国際ソブリンとは?

国際ソブリンは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン』といい、ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資してリスク分散をし、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指す追加型株式投資信託です。

国際ソブリンは毎月17日に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。

国際ソブリンは、「分配金受取コース」の場合、収益分配金は、税金を差引いた後、原則として決算日から起算して5営業日目から支払われます。

国際ソブリンは、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社に国際グローバル ソブリンの運用に係る助言および情報提供を受け、運用を行い、信託期限は無期限です。

国際ソブリンは、シティグループ世界国債インデックス(日本を含む)をベンチマークとして運用を行います。

シティグループ世界国債インデックスとは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスで、昭和59年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

投資信託ソブリンって何?

投資信託ソブリンのソブリンとは、『ソブリン債券(sovereign bond)』のことで、各国の政府や政府機関が発行し保証している債券の総称をいい、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債券とされるようです。

投資信託ソブリンは、このソブリン債券を投資対象とする投資信託です。

投資信託ソブリンの代表例は国債なので、ソブリン債券とはこの国債を指すこともあります。

また、投資信託ソブリンには、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債券も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

投資信託ソブリンは、主要先進国の中で信用力の高い国の国債に分散投資している投資信託なので、安定運用の海外債券ファンドです。ただし、この商品は為替リスクのヘッジを行いませんので為替変動の影響を大きく受け、また、金利変動の影響も受けます。

この投資信託ソブリンとは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。

エマージング・ソブリン・オープンとは?

エマージング・ソブリン・オープンは、国内追加型株式投資信託/国際債券型/エマージング債券型の投資信託です。

エマージング・ソブリン・オープンは、先進国と比較すると証券市場は未発達ですが、経済成長の著しい、あるいは可能性が高い新興諸国である、エマージング・カントリーのソブリン債券および準ソブリン債券に分散投資をします。

エマージング・ソブリン・オープンの投資対象となっているエマージング・カントリーの格付けは上昇傾向にあるものの、高利回り債への投資も大きな割合を占めています。

先進国に比べて信用力(格付け)の低いエマージング カントリーの債券利回りは、相対的に高い水準にあります。

実質GDP(国内総生産)成長率は、先進国と比べて成長余力の大きいエマージング カントリーは、相対的に高い経済成長力を維持しています。

エマージング・ソブリン・オープンは、毎月決算型と1年決算型があり、両間でスイッチングが可能です。

エマージング・ソブリン・オープンの信託期限は2023年8月5日です。

大和グローバル・ソブリンについて

大和グローバル・ソブリンは、正式名称を『ダイワ・グローバル債券ファンド』と言い、通貨を分散し、外貨建ての公社債に投資することにより、安定した収益の確保および信託財産の成長をめざした運用を行ないます。

大和グローバル・ソブリンは、北米通貨圏(米ドルおよびカナダドル)、欧州通貨圏(ユーロ等および北欧・東欧通貨)、オセアニア通貨圏(豪ドルおよびニュージーランド・ドル)の3通貨圏に均等に投資することをめざします。

北欧・東欧通貨とは、スウェーデン・クローネ(SKr)、デンマーク・クローネ(DKr)、ノルウェー・クローネ(NKr)、チェコ・コルナ(Kc)、ポーランド・ズウォティ(ZL)、ハンガリー・フォリント(Ft)等とします。

大和グローバル・ソブリンは、各通貨圏のマザーファンドの受益証券を通じて各通貨圏の公社債への投資を行ないます。

大和グローバル・ソブリンは、各通貨圏内では、投資対象となるマザーファンドのポートフォリオの最終利回りを参考とし、投資対象通貨を6対4の比率で配分することをめざします。

大和グローバル・ソブリンの、マザーファンドの受益証券の組入比率の合計は、信託財産の純資産総額の90%以上にすることを基本とします。

国際グローバル・ソブリン・オープンを探ろう

国際グローバル・ソブリン・オープン』は、バランス型の追加型株式投資信託 です。

国際グローバル・ソブリン・オープンは、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

国際グローバル・ソブリン・オープンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

国際グローバル・ソブリン・オープンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

国際グローバル・ソブリン・オープンは、国際投信投資顧問株式会社 により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

国際グローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

ダイワ海外ソブリン・ファンドってなんだろう

ダイワ海外ソブリン・ファンドは、正式名称を『ダイワ世界債券ファンド(毎月分配型)』といい、愛称を『ワールドプライム』と言います。

ダイワ海外ソブリン・ファンドは、通貨を分散し、外貨建ての公社債等に投資することによって、安定した収益および信託財産の成長をめざして運用を行ないますが、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行ないません。

ダイワ海外ソブリン・ファンドは、米ドル、カナダドル、豪ドル、ユーロ等、英ポンド、北欧・東欧通貨(スウェーデン・クローネ(SKr)、デンマーク・クローネ(DKr)、ノルウェー・クローネ(NKr)、チェコ・コルナ(Kc)、ポーランド・ズロチ(ZL)、ハンガリー・フォリント(Ft)等)の各通貨建ての公社債等に均等に投資することをめざし、各通貨の公社債等への投資は、マザーファンドの受益証券を通じて行ないます。

ダイワ海外ソブリン・ファンドが投資する公社債等の格付けは、取得時においてAA格相当以上とします。が、「ダイワ・ヨーロッパ債券マザーファンド」を通じて投資する「国家機関等の公社債等」については、取得時においてA格相当以上とします。

ダイワ海外ソブリン・ファンドは、マザーファンドの受益証券の組入比率の合計を、信託財産の純資産総額の90%程度以上に維持することを基本とします。

投資信託グローバル・ソブリンについて

投資信託グローバル・ソブリンとは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』というバランス型の追加型株式投資信託です。

投資信託グローバル・ソブリンは、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し先進主要国、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

投資信託グローバル・ソブリンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

投資信託グローバル・ソブリンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

投資信託グローバル・ソブリンは、国際投信投資顧問株式会社により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

投資信託グローバル・ソブリンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。