グローバルソブリンの投資信託 グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

グローバル・ソブリン毎月決算について

グローバル・ソブリン毎月決算』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン毎月決算は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン毎月は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン毎月は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン毎月は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル ソブリン オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン・オープン毎月について

グローバル・ソブリン・オープン毎月』とは、正確には『グローバル ソブリン オープン毎月決算型』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン・オープン毎月は、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン毎月は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン毎月は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン毎月は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープン・ファンドには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドとは?

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドは、「JPM新興国現地通貨ソブリン・マザーファンドII(適格機関投資家専用)」を通じて、新興国ソブリン債券(主に現地通貨建ての新興国の政府または政府機関が発行する債券)に分散投資し、安定的した高水準の収益の確保と信託財産の長期的な成長を目的として運用を行います。

米ドル建てが主流であった新興国債券も、近年、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド等の新興国の現地通貨建て債券市場が整備されてきたことから、高利回りの新興国債券ファンドが注目され、今、現地通貨建て債券が増加しています。

新興国ソブリン債券は、先進国ソブリン債券と比べて信用力が低い代わりに高い利回りが期待できるので、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド等の現地通貨建て新興国ソブリン債券に投資することで、先進国ソブリン債券や米ドル建て新興国ソブリン債券への投資ではできない、より多くの通貨への分散投資が可能となります。

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドでは、参考指標である「JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス−エマージング・マーケッツ」の構成国に基づき、ポーランド、メキシコ、南アフリカ、マレーシア、ハンガリー、タイ、チェコ、トルコ、インドネシア、スロバキア、ロシア、チリ、ブラジル、コロンビア、ペルーの全15カ国を主な投資対象として分散投資を行います。

それぞれの新興国につき、各国別およびグローバル要因による情報をもとに、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドは、債務の返済能力、経済改革の進展度、総合的な信用力の分析を行い、債券市場の価格(利回り)、実質金利や為替などを勘案し、国別配分、個別債券の銘柄選択、ポートフォリオの構築を運用ガイドラインに沿って行います。

グローバル・ソブリン投信とは?

グローバル・ソブリン投信』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』のことで、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン投信は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン投信は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン投信は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン投信は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン投信には、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン三田証券って何?

グローバル・ソブリン三田証券とは、三田証券株式会社で扱っている『グローバル・ソブリン・オープン/追加型株式投資信託』(分配金複利けいぞく投資可能)のことです。

三田証券株式会社は、東京都中央区日本橋に本社を置き、プロレス・ファンドなど、新しいファンドを発行しています。

ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資することによってリスク分散をはかり、グローバル・ソブリン三田証券は、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社のアドバイスを受けて、グローバル・ソブリン三田証券は、シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとして運用を行い、毎月17日が決算日で、収益分配方針に基づいて分配を行います。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社は、ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー(本部所在地:米国カリフォルニア州)の日本拠点です。

グローバル・ソブリン三田証券がベンチマークとするシティグループ世界国債インデックスは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスで、1984年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

1997年12月8日に設定されたグローバル・ソブリン三田証券の信託期限は無期限で、信託報酬は、純資産総額に対して年率1.3125%(税込)、申込み手数料は0%です。

他にもイー・トレード証券、イーバンク銀行、楽天証券、コスモ証券、オリックス証券、カブドットコム証券、丸八証券、二浪証券、ネットウイング証券などが、グローバル・ソブリンをノーロード(手数料無料)でを取り扱っています。

グローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型とは?

グローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型』は、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン3ヶ月決算型は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープン・ファンドには、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)の他に、毎月決算型(毎月17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型について

国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』は、バランス型の追加型株式投資信託です。

国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

金利・為替予測を行い、国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

円投資家の立場から最適な国別配分を行い、国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型は、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

国際投信投資顧問株式会社 により管理され、国際グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型のベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

国際グローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

ソブリンオープンって何?

ソブリンオープン』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』のことで、バランス型の追加型株式投資信託 です。

ソブリンオープンは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にソブリンオープンは、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からソブリンオープンは、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするソブリンオープンは、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このソブリンオープンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン・オープン投資信託とは?

グローバル・ソブリン・オープン投資信託』とは、正確には『グローバル ソブリン オープン』のことで、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン・オープン投資信託は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン投資信託は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン投資信託は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン投資信託は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープン投資信託には、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

コスモ証券グローバル・ソブリンとは?

コスモ証券グローバル・ソブリンとは、コスモ証券で扱っている『グローバル・ソブリン・オープン/追加型株式投資信託』(分配金複利けいぞく投資可能)のことです。

ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資することによってリスク分散をはかり、コスモ証券グローバル・ソブリンは、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社のアドバイスを受けて、コスモ証券グローバル・ソブリンは、シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとして運用を行い、毎月17日が決算日で、収益分配方針に基づいて分配を行います。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社は、ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー(本部所在地:米国カリフォルニア州)の日本拠点です。

コスモ証券グローバル・ソブリンがベンチマークとするシティグループ世界国債インデックスは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスで、1984年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

1997年12月18日に設定されたコスモ証券グローバル・ソブリンの信託期限は無期限で、信託報酬は、純資産総額に対して年率1.3125%(税込)、申込み手数料は0%です。

他にもイー・トレード証券、イーバンク銀行、楽天証券、コスモ証券、オリックス証券、カブドットコム証券、丸八証券、二浪証券、ネットウイング証券などが、コスモ証券グローバル・ソブリンをノーロード(手数料無料)で取り扱っています。

グローバル・ソブリン投資信託とは?

グローバル・ソブリン投資信託』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』のことで、バランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバル・ソブリン投資信託は、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン投資信託は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン投資信託は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン投資信託は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン投資信託には、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン・オープン・ファンドって何?

グローバル・ソブリン・オープン・ファンド』とは、バランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバル・ソブリン・オープン・ファンドは、「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン・ファンドは、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン・ファンドは、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン・ファンドは、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープン・ファンドには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

国際投資信託ソブリンについて

国際投資信託ソブリン』とは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン・オープン』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

国際投資信託ソブリンは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

金利・為替予測を行い、国際投資信託ソブリンは、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

円投資家の立場から最適な国別配分を行い、国際投資信託ソブリンは、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

国際投信投資顧問株式会社 により管理され、国際投資信託ソブリンのベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

国際投資信託ソブリンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

グローバル・ソブリン・オープン毎月って何?

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』と言い、バランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバル・ソブリン・オープン毎月決算は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン毎月決算は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン毎月決算は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン毎月決算は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

国際グローバル・ソブリン・毎月とは?

国際グローバル・ソブリン毎月とは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン毎月決算型』と言い、ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資してリスク分散をし、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指す追加型株式投資信託です。

国際グローバル・ソブリン毎月は毎月17日に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。そして「分配金受取コース」の場合の国際グローバル ソブリン毎月決算型の収益分配金は、税金を差引いた後、原則として決算日から起算して5営業日目から支払われ、「再投資コース」の場合は再投資されます。

ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社から運用に係る助言および情報提供を受け、運用を行う国際グローバル・ソブリン毎月の信託期限は無期限です。

シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスである『シティグループ世界国債インデックス』(昭和59年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したもの) をベンチマークとして国際グローバル・ソブリン毎月は運用を行います。

新興国ソブリンとは?

新興国ソブリンとは、正式名称を『JPM新興国ソブリン オープン』と言い、マザーファンドを通じて、主として新興国の政府または政府機関の発行する債券に投資するバランス型の追加型株式投資信託で、発行、運用はJ.P.モルガン・フレミング・アセット・マネジメント・ジャパンです。

新興国ソブリンは、マザーファンドの純資産総額の20%を上限に、政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券に投資を行います。

主に米ドル建ての債券をマザーファンドの投資対象としますが、新興国ソブリンは、マザーファンドの純資産総額の25%を上限に米ドル以外の通貨建ての債券に投資します。

このマザーファンドは、新興国の発行体の信用リスクを反映する仕組債に投資する場合がありますが、その場合、新興国ソブリンの当該債券は政府及び政府機関の発行する債券以外の新興国の債券とみなされます。

新興国ソブリンは、毎月17日の決算で収入の分配を行い、原則として為替ヘッジは行いませんが、経済事情や投資環境等の急変などが起きた場合、委託会社の判断により、為替ヘッジを行うことがあります。
その場合、委託会社のオペレーティング・リスク管理部が日々ヘッジ状況をモニターします。

一般的に、新興国の債券は、先進国の債券と比較して、相対的に利回りが高くなる傾向がありますが、デフォルト(債務不履行)となるリスクも相対的に高いでしょう。

JPMIM社は、安定的な超過収益を確保するために、適切なリスク管理を行います。

グローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型について

グローバル・ソブリン・オープン3ケ月』とは、『グローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型』のことで、バランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン3ケ月決算型は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープンには、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)のほかに、毎月決算型(毎月17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

中央三井高金利ソブリンとは?

中央三井高金利ソブリンとは、正式名称を『中央三井高金利ソブリンオープン』と言い、シティグループ世界国債インデックスに採用されている国の国債、州政府債、政府保証債、国際機関債などの高い信用力を持つ国の債券で運用されるファミリーファンド方式の追加型株式投信です。

具体的には中央三井高金利ソブリンは、「投資適格債」とされる、BBB格以上の格付けの中からA格相当以上の格付けを持つ国債などを主な投資対象としているため、投資している債券の元本の安全性や、利払いの確実性が非常に高い投資信託だと言えます。

さらにこの中央三井高金利ソブリンは、相対的に高い金利水準の国に厳選して投資し、安定した収益を目指しています。

一般的に金利の高い国においては、為替の変動も大きくなりがちですが、複数の国に分散投資することによって、為替の変動によるリスクの低減がなされています。

しかも、常に市場動向に気を配り、信用力、金利水準なども考慮して、機動的に組入債券を入れ替えるなど、中央三井高金利ソブリンは、より安定した運用にも配慮されています。

また、相対的に高金利の国が選ばれているため、中央三井高金利ソブリンは収益の面でも期待が持てる投資信託といえるでしょう。

グローバル・ソブリン毎月決算とは?

グローバル・ソブリン毎月決算』とは、『グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』のことで、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン毎月決算は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン毎月決算は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン毎月決算は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン毎月決算は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン・ファンドについて

グローバル・ソブリン・ファンド』とは、『グローバル・ソブリン・オープン』のことで、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン・ファンドは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・ファンドは、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・ファンドは、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・ファンドは、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・ファンドには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。