ソブリン債とは? グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

シュローダー・エマージング・ソブリン債券とは?

シュローダー・エマージング・ソブリン債券とは、主にエマージング・ソブリン債券(今後、拡大・発展が期待される新興国の現地通貨建てソブリン債)マザーファンド受益証券に投資するバランス型(一般型)の追加型株式投資信託で、愛称を『さいけん太郎』と言い、シュローダー証券投信投資顧問株式会社によって運用されます。

シュローダー・エマージング・ソブリン債券は、JPモルガン・ガバメント・ボンド指数エマージング・マーケット・グローバル・ダイバーシファイド(JPモルガンが公表している現地通貨建ての新興国債券の指数)の構成国の現地通貨建て債券を実質的な主要投資対象としますが、シュローダー・エマージング・ソブリン債券の投資対象はこれらの国だけに限定されるわけではなく、運用者の判断で見直される場合があります。

投資割合に関しては、シュローダー・エマージング・ソブリン債券は、外貨建資産への実質投資割合には制限を設けず、株式、新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。

また、投資信託証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とし、同一銘柄の株式、新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。

毎月決算型と1年決算型(毎年11月15日決算)の2種類がありますが、シュローダー・エマージング・ソブリン債券(毎月決算型)は、毎年2月、5月、8月、11月の決算時には、収益が伸びた場合にのみ、通常の分配金の他に、分配対象額の範囲で委託会社が決定する額を付加して分配する場合があります。

ソブリン債権とは?

ソブリン債権とは、各国の政府や政府機関が発行し保証している債権の総称をいい、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債権とされるようです。

ソブリン債権の代表例は国債で、この国債を指すこともあります。

また、ソブリン債権には、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債権も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

このソブリン債権とは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。

意味としては『債権』は財産権のことで『債券』は有価証券のことなので、基本的に違うものなのですが、『ソブリン債権』の場合、『ソブリン債券』と同じ意味で扱われることが多いようです。

ソブリン債って何?

ソブリン債とは、『ソブリン債券(sovereign bond)』の略で、各国の政府や政府機関が発行し保証している債券の総称をいいます。

ソブリン債は、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債券とされるようです。

ソブリン債の代表例は国債で、この国債を指すこともあります。

また、ソブリン債には、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債券も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

このソブリン債とは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。

ソブリンとは?

ソブリンとは、『ソブリン債券(sovereign bond)』の略で、各国の政府や政府機関が発行し保証している債券の総称をいい、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債券とされるようです。

ソブリンの代表例は国債で、この国債を指すこともあります。

また、ソブリンには、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債券も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

このソブリンとは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。