グローバルソブリンについて グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

グローバル・ソブリン国際とは?

グローバル・ソブリン国際』とは、正式名称を『国際グローバル・ソブリン・オープン』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン国際は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

金利・為替予測を行い、グローバル・ソブリン国際は、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

円投資家の立場から最適な国別配分を行い、グローバル・ソブリン国際は、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

国際投信投資顧問株式会社 により管理され、グローバル・ソブリン国際のベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

グローバル・ソブリン国際には、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

ダイワ海外ソブリンとは?

ダイワ海外ソブリンは、正式名称を『ダイワ世界債券ファンド』といい、愛称を『ワールドプライム』と言います。

ダイワ海外ソブリンは、 通貨を分散し、外貨建ての公社債等に投資することによって、安定した収益および信託財産の成長をめざして運用を行ないますが、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行ないません。

ダイワ海外ソブリンは、米ドル、カナダドル、豪ドル、ユーロ等、英ポンド、北欧・東欧通貨(スウェーデン・クローネ(SKr)、デンマーク・クローネ(DKr)、ノルウェー・クローネ(NKr)、チェコ・コルナ(Kc)、ポーランド・ズロチ(ZL)、ハンガリー・フォリント(Ft)等)の各通貨建ての公社債等に均等に投資することをめざし、各通貨の公社債等への投資は、マザーファンドの受益証券を通じて行ないます。

ダイワ海外ソブリンが投資する公社債等の格付けは、取得時においてAA格相当以上とします。が、「ダイワ・ヨーロッパ債券マザーファンド」を通じて投資する「国家機関等の公社債等」については、取得時においてA格相当以上とします。

ダイワ海外ソブリンは、マザーファンドの受益証券の組入比率の合計を、信託財産の純資産総額の90%程度以上に維持することを基本とします。

グローバル・ソブリン債について

グローバル・ソブリン債とは、『ソブリン債券(sovereign・bond)』のことで、各国の政府や政府機関が発行し保証している債券の総称をいい、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債券とされるようです。

グローバル・ソブリン債とは、つまり、債券の償還可能性を判断するに当たり国の支払能力をあてにできるものだと言えます。

グローバル・ソブリン債の代表例は国債で、この国債を指すこともあります。

また、グローバル・ソブリン債には、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債券も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

このグローバル・ソブリン債とは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。

ソブリン債券について

ソブリン債券(sovereign bond)』は、各国の政府や政府機関が発行し保証している債券の総称をいい、その国で発行されている有価証券の中では一番信用度が高い債券とされるようです。

ソブリン債券の代表例は国債なので、ソブリン債券とはこの国債を指すこともあります。

また、ソブリン債券には、世界銀行やアジア開発銀行など政府並みの信用力を持つ国際機関の発行する債券も含まれます。

なお、元利払いに使われる通貨の信用力が上限となるため、社債(事業債)の格付けが発行国の長期格付けを上限とすることをソブリン・シーリングといいます。
したがって、外国通貨建てで発行される社債の格付けはその限りではありません。

ソブリン債券は、主要先進国の中で信用力の高い国の国債に分散投資している投資信託なので、安定運用の海外債券ファンドです。ただし、この商品は為替リスクのヘッジを行いませんので為替変動の影響を大きく受け、また、金利変動の影響も受けます。

このソブリン債券とは逆に、利回りは高く設定されているけれど、一般的に信用格付けが低く元本割れが発生するリスクが高いのが、ハイイールド債です。

国際グローバル・ソブリンとは?

国際グローバル・ソブリンは、ファミリーファンド方式により、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資してリスク分散をし、安定した収益の確保と信託財産の成長を目指す追加型株式投資信託です。

国際グローバル・ソブリンは毎月17日に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。

国際グローバル・ソブリンは、「分配金受取コース」の場合、収益分配金は、税金を差引いた後、原則として決算日から起算して5営業日目から支払われます。

国際グローバル・ソブリンは、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社に国際グローバル・ソブリンの運用に係る助言および情報提供を受け、運用を行い、信託期限は無期限です。

国際グローバル・ソブリンは、シティグループ世界国債インデックス(日本を含む)をベンチマークとして運用を行います。

シティグループ世界国債インデックスとは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した債券インデックスで、昭和59年12月末を100とする世界主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

グローバル・ソブリン・オープンとは?

グローバル・ソブリン・オープン』 は、バランス型の追加型株式投資信託 です。

「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

グローバル・ソブリン・オープンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

またグローバル・ソブリン・オープンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

グローバル・ソブリン・オープンは、国際投信投資顧問株式会社 により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)です。

グローバル・ソブリン・オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。

グローバルソブリンとは?

グローバルソブリンとは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン』 というバランス型の追加型株式投資信託 です。

グローバルソブリンは、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

グローバルソブリンは、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基に国別資産配分の最適組合せを決定します。

グローバルソブリンは、円投資家の立場から最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

グローバルソブリンは、国際投信投資顧問株式会社 により管理され、ベンチマークはシティグループ世界国債インデックス(日本を含む)です。

毎月決算型(毎月17日決算)、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)のものがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。