グローバル・ソブリン・オープンで毎月分配金をもらう投資術

グローバル・ソブリン毎月決算について

グローバル・ソブリン毎月決算』とは、正確には『グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン毎月決算は、 「グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン毎月は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン毎月は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン毎月は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル ソブリン オープンには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

グローバル・ソブリン・オープン毎月について

グローバル・ソブリン・オープン毎月』とは、正確には『グローバル ソブリン オープン毎月決算型』と言い、バランス型の追加型株式投資信託です。

グローバル・ソブリン・オープン毎月は、 「グローバル・ソブリン・オープン・マザーファンド」への投資を通じて、ファミリーファンド方式で運用し、先進主要国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象です。

そして、金利・為替予測を行い、国別予想収益率を基にグローバル・ソブリン・オープン毎月は、国別資産配分の最適組合せを決定します。

また、円投資家の立場からグローバル・ソブリン・オープン毎月は、最適な国別配分を行い、リスク管理と好収益追求の両立を図ります。

シティグループ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)をベンチマークとするグローバル・ソブリン・オープン毎月は、国際投信投資顧問株式会社により管理されます。

このグローバル・ソブリン・オープン・ファンドには、毎月決算型(毎月17日決算)の他に、3カ月決算型(3月、6月、9月、12月の各17日決算)、1年決算型(毎年2月17日決算)があります。

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドとは?

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドは、「JPM新興国現地通貨ソブリン・マザーファンドII(適格機関投資家専用)」を通じて、新興国ソブリン債券(主に現地通貨建ての新興国の政府または政府機関が発行する債券)に分散投資し、安定的した高水準の収益の確保と信託財産の長期的な成長を目的として運用を行います。

米ドル建てが主流であった新興国債券も、近年、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド等の新興国の現地通貨建て債券市場が整備されてきたことから、高利回りの新興国債券ファンドが注目され、今、現地通貨建て債券が増加しています。

新興国ソブリン債券は、先進国ソブリン債券と比べて信用力が低い代わりに高い利回りが期待できるので、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド等の現地通貨建て新興国ソブリン債券に投資することで、先進国ソブリン債券や米ドル建て新興国ソブリン債券への投資ではできない、より多くの通貨への分散投資が可能となります。

JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドでは、参考指標である「JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス−エマージング・マーケッツ」の構成国に基づき、ポーランド、メキシコ、南アフリカ、マレーシア、ハンガリー、タイ、チェコ、トルコ、インドネシア、スロバキア、ロシア、チリ、ブラジル、コロンビア、ペルーの全15カ国を主な投資対象として分散投資を行います。

それぞれの新興国につき、各国別およびグローバル要因による情報をもとに、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンドは、債務の返済能力、経済改革の進展度、総合的な信用力の分析を行い、債券市場の価格(利回り)、実質金利や為替などを勘案し、国別配分、個別債券の銘柄選択、ポートフォリオの構築を運用ガイドラインに沿って行います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。